テーマ:ツーリズム

ラジャアンパットWayag(ワヤッグ)島の観光

昨年暮れ「ラジャアンパット」は、ナショナルジオグラフィックトラベラーで、「絶対行くべき世界20か所」に選ばれたようですね。一方で、いまだにダイビング以外の観光アクセスは容易ではありません。 リゾート滞在、クルーズ船滞在もほとんどがダイビングメインですので、日数が長く、それだけに料金も高くなってしまいます。 詳しくは リゾートの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アンボン」-「トゥアル」クルーズ2 : バンダ諸島

アンボンを離れ、バンダ諸島に移動しました。 バンダ諸島では4日間潜りました。 バンダ諸島の「Gunung api」は、1988年に火山が噴火して珊瑚も大きなダメージを受けました。 しかし、地上は噴火の後を残していますが、海中の珊瑚はすでに再生が進んでいて、ハードコラルの群生が広がっています。 海はどこを潜っても、驚く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーズヘッドの観光

バーズヘッド地域は、極楽鳥をはじめ、様々な鳥が豊かに棲息している地域です。また、カメの産卵を見るポイント、ジンベイザメスイムができるポイントもあります。 緑の大自然や蛍の群生、滝や石灰石の美しい風景が楽しめます。また、壁に描かれた古代人の壁画(ロックアート)や、古代人の埋葬地など、人類の足跡をたどることもできます。 こちらの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sorong(ソロン)情報

2014年4月修正 ラジャアンパットの玄関口であるSorong(ソロン)の情報をまとめます。 ラジャアンパットの地図 中心部の、簡単なソロンの地図です。 市内交通について ベモ 乗り合いバスです。ソロンではタクシーと呼ばれています。軽自動車のバンで、黄色く塗られ、アルファベットが付けられています。アルファベットにより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラジャアンパットの観光

2013年6月修正 ラジャアンパットはダイビングスポットとして世界的に有名な地となり、年々ダイバーの数が増加しています。 一方、Alfred Wallace(1860年)らにより、極楽鳥などの珍しい鳥が棲んでいる地域としても、以前から知られていました。 ラジャアンパットには、600以上の石灰石の島々があります。それらは侵食され…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラジャアンパット概要-アクセス

2014年4月修正 インドネシアの地図 ラジャアンパットの位置 Raja Ampat(ラジャアンパット)は、インドネシアの西パプア州に位置し、Waigeo(ワイゲオ)、Batanta(バタンタ)、Salawati(サラワティ)、Misool(ミソール)の4つの大きな島と、600以上の小さな島々からなる、南北約350キロ東西…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more