テーマ:バーズヘッド

チェンドラワシベイの固有種 by マクロ大好きX2さん

「マクロ大好きX2」さんが、チェンドラワシベイのアヘリゾートに行かれました。 Walton flasher wrasse などのチェンドラワシベイの魚の固有種も観察できたそうです。 ブログアップも始められています。 マクロ大好きx2さんの「Ahe アーカイブ」のページへ これからチェンドラワシベイに行かれる皆さま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Cendrawasih / Cenderawasih のカタカナ表記

ダイブドリームさんも7月にチェンドラワシベイに行かれました。 しっかり見るべきものを見ていらっしゃる!!さすがですね。 やはりダイビングは日本人ガイドの方がいい!!と実感します。 来年は短いクルーズも計画されるようですので、休みが短い日本人の方も参加できそうですね。(料金はまだ出ていないようです) 日程表へ ところで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「長期クルーズ」記事修正

「ラジャアンパット発、長期クルーズのご案内」の記事を、「長距離クルーズ in Indonesia」と変更し、大幅修正しました。 「長距離クルーズ in Indonesia」の記事へ ラジャアンパットに来ているクルーズ船の、ラジャアンパット周遊以外のコースをまとめたものです。 コースをまとめ、地図を書いていると、まだまだ行っていない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジンベイザメに無線タグ in Cenderawasih Bay

チェンドラワシベイのジンベイザメに、無線タグを取り付けたニュースが出ました。 「ジンベイザメに無線タグ取り付けに成功、魚網に群がる習性を利用」 2011年にダイビングに行ったポイントです。 「チェンドラワシベイとバガン」のページへ この地域は(インドネシアでは珍しく)、ジンベイザメを殺したら魚が獲れなくなると信じられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオをアップしました

2011年9月のチェンドラワシベイダイビングクルーズと、12月のカイマナ~ソロン ダイビングクルーズのビデオをユーチューブにアップできました。 9月のチェンドラワシベイ チェンドラワシベイのダイビング記へ チェンドラワシベイダイビング ジンベイザメ以外のダイビングをまとめました。 さらにすでにアップしてありましたチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーズヘッドをまとめてみました

昨年チェンドラワシベイ、トリトンベイに行く機会を得ましたので、ガイドブック「DIVING INDONESIA'S BIRD'S HEAD SEASCAPE」を参考にまとめてみました。 日本語表現ができない部分はカタカナばかり使っています まだ1回のダイビングでは、すべてを把握することは難しいと思っています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリトンベイ/カイマナエリアのダイビングポイント

トリトンベイ(Triton bay)/カイマナエリア(Kaimana area)のダイビングポイントは、トリトンベイ周辺から、西側パピソイ(Papisoi)地域、アディ(Adi Islands)島、さらに北側のモモン(Mommon)地域、そしてファクファク(Fakfak)近くのピサンアイランド(Pisang Islands)周辺になりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェンドラワシベイ/チェンデラワシベイのダイビングポイント

チェンドラワシベイ(Cendrawasih bay/Cenderawasih bay)はジンベイザメダイビングができるポイントとして有名になりました。カタカナ表記では「チェンデラワシベイ」と書かれることもあります。 近海のコーラルトライアングル地域の海とは、様相が異なり、特異性のある海として知られています。 固有種も多く、また魚の生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーズヘッドの海

バーズヘッドは 183,000 平方キロメートルにも及び、2,500 以上の島々や数え切れないほどのリーフがある広大な地域になります。 ダイビングはラジャアンパット、チェンドラワシベイ、トリトンベイ周辺(カイマナエリア)などで行われています。 バーズヘッドエリアは、魚や珊瑚、また甲殻類も世界に類のないぐらい種の豊かな地域です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魚の固有種

2013年5月修正 ラジャアンパットから、チェンドラワシベイ、トリトンベイ/カイマナエリアを含めたバーズヘッドで見られる固有種を「DIVING INDONESIA'S BIRD'S HEAD SEASCAPE」などを参考にまとめました。 固有種の説明に出てくる地名、ポイント名は以下のページを参照してください。 「ラジャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーズヘッドの観光

バーズヘッド地域は、極楽鳥をはじめ、様々な鳥が豊かに棲息している地域です。また、カメの産卵を見るポイント、ジンベイザメスイムができるポイントもあります。 緑の大自然や蛍の群生、滝や石灰石の美しい風景が楽しめます。また、壁に描かれた古代人の壁画(ロックアート)や、古代人の埋葬地など、人類の足跡をたどることもできます。 こちらの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーズヘッド(Bird's Head)の概要

バーズヘッド(Bird's Head)の位置 インドネシアのパプア地域には、すでにダイビングを中心とした観光地として知られている「Raja Ampat(ラジャアンパット)」があります。 近年、新たなダイビングスポットとして、「Cendrawasih Bay/Cenderawasih Bay (チェンドラワシベイ/チェンデラワシベイ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「カイマナ」‐「ソロン」クルーズ : モモン・ ピサンアイランド編

モモン(Mommon) ・ ピサンアイランド(Pisang Islands)のダイビング 7日目(モモン)20:Luor Mommon リーフに囚人魚の子供が群れています。ミソールに近づいてきたのを感じます。 アケボノハゼがたくさん!!サンゴは本当にきれい!! 珍しい赤い色のデニスピグミーシーホースを見つける。 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「カイマナ」‐「ソロン」クルーズ : トリトンベイ(Triton bay) 編

今回はタンボラ(Tambora)によるカイマナ(Kaimana)からソロン(Sorong)までのダイビングクルーズに参加しました。 カイマナを出発後、トリトンベイ(Triton bay)- モモン(Mommon)- ピサンアイランド(Pisang Islands)を潜り、ラジャアンパットに入り、 ミソール(Misool)- バタンタ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カイマナから戻りました

カイマナトリトンベイクルーズから戻って来ました。 トリトンベイは不思議な海でした。 真っ白なブラックコーラルが成長して森のようになっていました。 幻想的な世界です。 フエダイ、コショウダイ、フエフキダイ、キンチャクダイなど、よく見る魚がすべて大きい!! 魚も逃げません!! エンペラーシュリンプやシャコ、ウミウシも特大でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日カイマナへ出発です

今日のソロンは一転、晴れ!! 一昨日は大嵐、時化て大変でした。しばらくこのままいい天気だといいな~。 明日カイマナへ出発します。カイマナでクルーズ船タンボラ(Tambora)に乗り、 トリトンベイ(Triton bay)、ピサンアイランド(Pisang islands)そしてミソール(Misool)を潜り、ソロンまで戻る13日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「チェンドラワシベイ」と「アヘ」のジンベイザメ

まずは、せっかくですので、チェンドラワシベイで撮ったジンベイザメの写真をもう一枚 10月10日発売の「月刊ダイバー」に「アヘのジンベイザメ」が紹介されていたようですね。 まだ読んでいませんので、どのように紹介されたかは知らないのですが・・・。 私のブログに紹介している「チェンドラワシベイ」と「同じポイントなの?」という質問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーズヘッド地域のダイビングガイド本が発売されました

2011年10月に「DIVING INDONESIA'S BIRD'S HEAD SEASCAPE」が発売されました。今日、予約していた本をようやく手にすることができました。 パプア地域を鳥にたとえ、その頭に見える部分を「Bird's Head(バーズヘッド)」と呼んでいます。この地域にある「Raja Ampat(ラジャアンパット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

擯榔(ビンロウ)を噛む習慣

擯榔(ビンロウ)を噛む習慣は、南アジア(インド)から東南アジアそして台湾まで広範囲に広がっていたそうです。 現在では、多く地域で廃れつつある習慣ですが、一方で根強く残っている地域もあるようです。 インドネシアでも、今では多くの地域で廃れていますが、パプア地域にはまだビンロウをかむ習慣が残っています。 パプア地域の市場では、一番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェンドラワシベイ(Cendrawasih bay) ‐ ジンベイザメとバガン

2011年10月10日発売の「月刊ダイバー」に載った、アヘのジンベイザメポイントを潜りました。 正確には、ポイントはアヘ島にあるわけではありませんが、「アヘ」という名前で、日本人の間には知名度が上がっているようです。「同じ場所なの?」という質問も幾度か頂きましたので、前文に加筆させていただきました。 ポイントは西パプア州とパプア州に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェンドラワシベイ(Cendrawasih bay) ‐ ダイビング

今回は、近々発売される本「DIVING INDONESIA'S BIRD'S HEAD SEASCAPE」の著者であるBurut Jones & Maurine Shimlockから事前に情報を得て、マヌクワリ(Manokwari)からナビレ(Nabire)までのチェンドラワシベイ (Cendrawasih) を潜るエクスプロレーション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェンドラワシベイ(Cendrawasih bay) ‐ タンボラ

タンボラによるチェンドラワシベイ(Cendrawasih bay)ダイビングに行ってきました。 「Cendrawasih」はインドネシア語で、「極楽鳥」という意味です。インドネシア語読みで「チェンドラワシ」と読みます。(「Cenderawasih」と書かれることもあり、「チェンデラワシ」と日本語表記される場合もあります。) 「ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンベイがたくさん!!!

チェンドラワシベイ(Cendrawasih bay)から帰って来ました。 ジンベイがたくさんいました!!! やや小ぶりのものが多かったですが、5メートルから中には10メートル以上のジンベイを含め、6匹ほど見れました。 詳しいクルーズ記は来週あたりにまとめる予定ですが、まずはボリス(Boris)さんか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

国内線チケットが高い!!

急きょ、来週からチェンドラワシベイで、ダイビングすることになりました。 マヌクワリからナビレまでのタンボラによるクルーズです。 ソロンーマヌクワリとナビレーソロン間の国内線を買うことになりました。 ソロンーマヌクワリまではスリウィジャヤエアーで46万ルピア(約4500円)です。まあ問題ありませんね。 さてナビレーソロンを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マリンダイビングフェア2011

せっかく日本に帰国中でありながら、7月8日~10日の東京で行われていたマリンダイビングフェアに、行くことができませんでした。 残念です。 行かれた皆さまから徐々に情報が入り、ますます行きたかったな~と思っているところです。 パプアダイビングのオーナー、マックスアンマーさんがいらしていたようですね。お会いできませんでした。 ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長距離クルーズ in Indonesia

2013年8月修正 長距離クルーズは、「ラジャアンパット」から「コモド」などへ、シーズンの変わり目にクルーズ船を移動する際に作られていたコースでした。 しかしクルーズ船が増えるに伴い、新天地を求めながら移動する様々なクルーズコースが増えて来ました。 ラジャアンパットでダイビングをしている各クルーズ船の主なコースをまとめてみました。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

チェンドラワシ ベイ (Cendrawasih bay)

2011年の7,8月は、いよいよ各クルーズ船が、本格的にチェンドラワシ ベイ (Cendrawasih bay) のクルーズを開始します。 拠点となるのは、Manokwari(マヌクワリ)、Biak(ビアク)、Nabire(ナビレ)の港となります。 チェンドラワシベイでクルーズを行う予定の船 Grand komodoOnd…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more