ラジャアンパット田舎暮らし☆インドネシア

アクセスカウンタ

zoom RSS リゾートダイビング at RADL in Raja Ampat

<<   作成日時 : 2013/05/01 09:12   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

Raja Ampat Dive Lodge (RADL) に行ってきました。
画像
RADLは、インドネシア、ダイビングクルーズのパイオニアでもある、グランドコモド (Grand Komodo) が経営するリゾートです。
こちらのリゾートに来るのは4回目になりますが、実際に滞在するのは今回が初めてです。

オーナーはバリ人です。リゾートもバリを感じる飾り付けになっています。
画像画像


ダイビングリゾートといっても、コテージの部屋には、セーフティボックス、冷蔵庫、内線電話、電気ポット(コーヒー・紅茶セット)などがあり、街中のホテルのようなシステムになっています。
もちろん、冷房、お湯シャワーもあります。
コテージは10棟、20部屋(1〜3名使用)あります。さらに、部屋の広さが狭く、設備は劣るものの、バジェットタイプのスタンダードコテージ(1〜2名使用)も別にあります。
かさ、ビーチサンダルも各部屋に用意されています。
画像画像


食事は、少人数の場合は各自お皿に盛られ、グループの場合は大皿に盛られ取り分けます。さらに人数が多い場合はバイキングスタイルになるようです。
コーヒー・紅茶はレストランで、いつでも飲めるように用意されています。ソフトドリンクとビールは有料ですが、部屋の冷蔵庫またはレストランにも用意されています。

Wifiは、レストランの近くでつなげることができます。料金はかかりません。携帯電波も入ります。

1週間のパッケージ料金には、ソロンまでの金曜日送迎の料金も含まれています。金曜日以外の場合は追加支払(450ドル/艇)が必要です。
ただし、グループ予約をした場合はパッケージ料金に金曜日以外の送迎の料金も含まれるようです。
RADLの場合はワイサイからの送迎(約120ドル/艇)もしてくれます。

ダイビングは、マンソワール、ガム周辺を潜ります。パッセージなど、距離のあるポイントは燃料チャージがかかる場合があります。ナイトロックスはまだありません。
ダイブマスターは7名います。ダイブマスターとボートスタッフの写真です。
画像


今回は、3日間だけの滞在です。 Nursalim's flasher wrasse を探す目的で行きました。
結果として、目的の魚は探せませんでしたが、それでも満足の行くダイビングができました。

ダイバーは私一人でした。ガイドが二人にボートクルーが二人、なんともぜいたくなダイビングです。
ブルーマジィック、ミオスコン、チキンリーフ、マイクスポイント、ウエストマンソワール、RADLJettyのナイトダイビングなど、計8本潜りました。

ブルーマジックでは、サワラの群れが何度も旋回していました。
画像

ギンガメ、オニアジ、コガネシマアジ、イエローフィンバラクーダーも群れていました。もちろんフエダイ、フュジラーの群れは常にいます。
外洋性のマンタも登場しました。何度もリーフトップを旋回してくれました。
画像画像

リーフトップでは、ニシキフウライウオ、バーギバンティピグミーシーホースなどの小物も見ることができました。
小魚が群れているきれいなリーフトップに、大物から小物まで、忙しく登場するダイビングでした。
画像画像


マイクスポイントでは、珍しくフリソデエビを見つけることができました。ラジャアンパットでは、なかなか見つけることができません。ラッキーです。
画像


ナイトダイビングも素晴らしかったです。特に初日のナイトダイビングはトッドフィッシュ3匹、ポントヒピグミーシーホース4匹、ブルーリングオクトパス、ピグミーオクトパス、大きなタコ、ボブテイルスクイッド、ピグミースクイッド、小さなコウイカ、ハダカオコゼなど次々に見つかり忙しいナイトダイビングになりました。
画像画像
画像画像


最近は、もっぱらクルーズで潜っていましたが、たまにはリゾート滞在もいいですね。
いつもながらの、グランドコモドの親しみやすいおもてなしに、感謝です。
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんちわ。今回も海中の写真きれいです。フリソデエビ、おもしろいですね。
カツ
2013/05/03 02:33
カツ様
ありがとうございます。
フリソデエビはラジャアンパットで初物でした。
サワラのシーズンのようです。たくさんいました。
久しぶりにお刺身食べたい!!
kako
2013/05/03 07:08
11中旬RADLに行きます。このサイトのダイビングに関して繰り返し読んで、勉強させていただいております。ありがとうございます。
不安が一つあります。早い流れに着いていけるかです。どこのポイントが流れが速いか、教えてください。
Kei
2013/11/11 16:20
kei様
コメントありがとうございます。
基本的にどのポイントでも潮のタイミングで流れがあると思います。
RADLでしたら、無理なアゲンストの流れの中で長時間ダイビングすることはないと思います。
前もってガイドに伝えておけば、ポイント選び、潜り方等、考慮してくれると思いますよ。
楽しいダイビングができますように!!
kako
2013/11/11 18:03
kako様 ありがとうございます。
丁度200本位になりますが、マクロが好きで、ゆっくり、のんびり、じっくり写真を取るダイビングが多かったので、潮の流れは慣れていません。以前のNHKのラジャの放映を見ていて憧れもあり、良いタイミングで友人の誘いに乗った処でした。スキルアップもしたいので、体力づくりもしていましたが、ドキドキです。でもお返事を頂いて、ちょっと安心いたしました。ルンルンとした気持ちで参ります。これからも楽しく拝見いたします、りがとうございます。
kRI
2013/11/14 10:27
Kri様
同じポイントでもいろいろな潜り方ができます。ガイドと相談しながら潜ってくださいね。
ちょっと雨が多いようですが、良いダイビングになりますように。楽しんできてくださいね。
kako
2013/11/14 13:26
Kako様 ラジャ・アンパットに行ってきました。
楽しいダイビングで、まだ興奮状態の中にいます。写真もかなりの枚数取りました。ラッキーなことに、潜っていた5日間は、一度も雨に当たりませんでした。流れが怖い私でしたが、なんとかついていけました、そしてPassageにも行きました。流れに対して、もう不安は無くなったような気がします。RADLのガイドはとても楽しくて親切でした。
kako様に、事前に色々と教えて頂いて、落ち着いて行けたので、とても感謝しております。ありがとうございます。
Kei
2013/12/01 17:12
Kei様
お帰りなさ〜い。お天気もよく、ダイビングも楽しかったようで良かったです。
RADL(Grand Komodo)とのダイビングは本当に楽しいですよね。
また機会がありましたら、いらしてくださいね。
kako
2013/12/02 07:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
リゾートダイビング at RADL in Raja Ampat ラジャアンパット田舎暮らし☆インドネシア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる