ラジャアンパット田舎暮らし☆インドネシア

アクセスカウンタ

zoom RSS ラジャアンパットクルーズ Dec2012‐Ambai船

<<   作成日時 : 2012/12/30 16:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ワラシアダイブクルーズ (Wallacea divecruise)の新造船アンバイ (Ambai) によるラジャアンパットクルーズに行ってきました。
画像画像


凝った飾りもない船ですが、ピニシ船ではありませんので揺れが少なく乗り心地が良かったです。

キャビンはトップデッキに2部屋、船底に6部屋あります。二人部屋ですが十分に広く、3人で使えそうな部屋もあります。
お湯シャワーは熱く湯量も豊富で、船のシャワーとは思えないほど満足できます。
トイレも豊富な水で紙も普通に流せます。シャワー室とは隔ててありますので、床が濡れることもありません。
机といすも用意されていますので、写真整理などの作業もやりやすかったです。
画像画像


食堂の壁側の椅子がやや座りづらかったですが、外に置かれたソファ、ビーズソファなどは座り心地もよく、ゆったり休めました。
サンデッキもトップデッキに用意されています。
画像画像
画像画像


料理は、洋風インドネシア料理で、ご飯が主食でした。野菜も豊富に出され、おいしかったです。
朝食はナシゴレン、ミーゴレン、メナドブブル(おかゆ)などから、パン、クレープなども用意されていました。
各テーブルごとに大皿で出され、取り分けて食べるスタイルでした。

ダイブデッキは後ろにあり、使い勝手が良かったです。
テンダーボートは3隻用意されています。さらにダイブデッキから直接飛び込むこともできます。
ナイトロックスもあります。今回は、ガイドを含め全員がナイトロックスを使っていました。
カメラ室も用意されています。
画像画像


朝6時から6時半起床、コーヒー、紅茶、クッキーやシリアルで軽く小腹を満たし、7時ごろ1本目のダイビング。
朝食後10時半ごろ2本目のダイビング。昼食後、2時半ごろ3本目のダイビング。
3本目のダイビング後は、おやつの時間ですが、2度ほどケーキを焼いてくれましたが、市販のクッキーがメンイでした。
6時半ごろからナイトを行い、8時半ごろに夕食です。
長距離の移動がある夜はナイトができないことがあります。

コーラなどを含めてソフトドリンクはすべて無料。缶ビール(または瓶ビール小)は1本3ユーロです。
ランドリーサービス(1ユーロ〜)もあります。
用意されたバスタオルは1枚のみでしたので、ダイビング後のタオルを別に頼んでもらいました。
タオルとシーツ交換はクルーズ中に一度ありました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラジャアンパットクルーズ Dec2012‐Ambai船 ラジャアンパット田舎暮らし☆インドネシア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる