ラジャアンパット田舎暮らし☆インドネシア

アクセスカウンタ

zoom RSS トリトンベイ/カイマナエリアのダイビングポイント

<<   作成日時 : 2012/01/06 11:53   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

トリトンベイ(Triton bay)/カイマナエリア(Kaimana area)のダイビングポイントは、トリトンベイ周辺から、西側パピソイ(Papisoi)地域、アディ(Adi Islands)島、さらに北側のモモン(Mommon)地域、そしてファクファク(Fakfak)近くのピサンアイランド(Pisang Islands)周辺になります。

画像


トリトンベイ/カイマナエリアは、ソフトコーラルの特に美しい地域です。こちらも幻想的な独特の世界が水中に広がっています。
また、固有種も多く棲息している地域でもあります。
トリトンベイの海については、「バーズヘッドの海」、「魚の固有種」のページを参照してください。

ポイントは、2011年12月のクルーズで潜ったポイントと、「Diving Indonesia's Bird's Head Seascape」の本を参考に作りました。
写真があまりありませんので、一部ネット写真を使っています。こちらは出典をリンクしました。
再びトリトンベイに行く機会がありましたら順次、加筆・修正していきたいと思っています。

トリトンベイのポイント


画像


  1. Namatote Wall (ナマトテ ウォール)

    マクロポイントです。チェックダイビングのポイントとして、勧められています。
    Izucaris masudai (Leopard anemone shrimp)が見られるポイントとなっていますが、まだ潜っていません。


  2. Tanjung Mauwara (タンジュン マウワラ)

    画像
    マクロポイントです。
    Mauwara 島の周辺では固有種のフラッシャーラス Paracheilinus nursalim が見られます。


  3. Bat Cave (バットケーブ)

    画像
    大きな岩のブロックが斜めに階段状になっているような地形です。ソフトコーラルが茂っています。
    沖合にはギンガメ、ホシカイワリ、モブラが見られました。特大サイズのフエダイ、フエフキダイ、コショウダイも泳いでいました。
    マクロも楽しめます。バーギバンティ―ピグミーシーホース、ウミウシ(Phyllodesmium longicirra)などを見ることもできました。


  4. Walker's reef (ウォーカーズリーフ)

    画像
    トリトンベイの湾内のポイントで、マクロポイントになります。
    まだ潜ったことはありませんが、透明度はかなり悪いと思われます。
    固有種のTriton bay walking shark が見られたポイントとなっています。


  5. Three Rocks (スリーロック)

    リーフトップは、シーファン、ソフトコーラル、テーブルコ―ラルがあり、やや深いところはブラックコーラルの森のようになっています。
    さらに深場には魚の群れが見られるポイントがあります。
    ゴーストパイプフィッシュや、フラッシャー、ウミウシなどのマクロも楽しめます。


  6. Saruenus Island (サルエヌス アイランド)

    ソフトコーラルが豊かに茂っている、すばらしいポイントです。
    沖合では、特大のロウニンアジや Javanese cownose ray の大きな群れも見られました。
    黄色いシーファンがたくさんあり、黄色いバーギバンティも簡単に見つかりました。
    画像画像


  7. Saruenus :Little Komodo (サルエヌス:リトルコモド)

    砂地にところどころリーフがあり、小魚の多いポイントです。
    南側のソフトコーラルは、特に眩いばかりに美しいポイントがあります。さらに水深20メートルほどところには、オレンジ色のTubastrea (珊瑚)が、カーペットのように敷き詰められています。
    マクロもたのしめます。ナイトダイビングもきれいなところです。
    画像画像


  8. White Rock Fall (ホワイトロックフォール)

    ウォールを潜るポイントです。沖合にはモブラが見られ、オニアジもハンティングしていました。
    黄色いバーギバンティピグミーなどマクロもたのしめます。


  9. Goby Gully (ゴビーグリ)

    マクロポイントです。まだ潜ったことはありません。
    様々なハゼが見られ、ポントヒピグミーシーホースもみられたことがあるポイントのようです。


  10. Tim Rock (ティムロック)

    ポイント名は、「Christmas Rock」や 「Disneyland」とも呼ばれています。
    ブラックコラールが森のように茂っていて、コショウダイ、フエダイ、グルーパーなどの魚がたくさん留まっています。
    どの魚も大きく成長しています。近寄ってもなかなか逃げません。
    少し沖合には、サワラやバラクーダー、ロウニンアジが通り過ぎて行きます。砂地には無数のガーデンイールが長い胴体を出して漂っています。
    ブラックコーラルの先には、色とりどりのソフトコーラル、テーブルコーラルで埋め尽くされています。
    幻想的な海です。
    画像画像


  11. Batu Jeruk :GT Rock (バトゥジュルック:GTロック)

    画像
    こちらも珊瑚のきれいなポイントです。
    コショウダイ、フィジラーやフエダイが群れています。
    流れのある時は、岩とアイドゥマ(Aiduma)島のチャンネルに、魚がたくさん集まってくるそうです。


  12. Batu Bolong (バトゥ ボロン)

    オープンシーですので透明度がいいポイントです。ニザダイとフィジラーの大きな群れがいます。
    前回のダイビングでは、ナポレオン、カンムリブダイ、ネムリブカがゆったりと泳いました。


  13. Batu Kelapa (バトゥ クパラ)

    こちらもオープンシーのポイントです。
    砂地の流れのある所で魚を待ちます。前回は、ヨコシマサワラ、マルコバンの特大な魚が見られました。


  14. Aiduma Rock :Larry's Dive Heaven(アイドゥマロック:ラリーダイブヘブン)

    オープンシーのポイントです。珊瑚もきれいで、魚が多いポイントです。
    南側から潜行し、右手にリーフで進みます。前回はサワラや、グルーパーなどが見られました。
    ボミー(珊瑚の塊)の周りにアジ、バラクーダーなどの魚も集まってくるようです。


  15. Sunker city :Faukate(サンケルシティ)

    リーフとウォールのポイントです。ウォールの手前では、ツムブリ、ロウニンアジなどが見られました。
    沖合の根にも、魚が来そうなポイントがあります。潜った時はツバメウオの群れがいました。


アディ島・パピソイ地域からモモン地域のポイント


画像


  1. Patch reef (Adi Islands)(パッチリーフ (アディアイランド))

    アディアイランド南西にある小さな島のリーフがポイントです。まだ潜ったことはありません。


  2. Tanjung Papisoi / Cape Papisoi (タンジュンパピソイ)

    魚の種が豊かなポイントです。一度のダイビングで330種のリーフフィッシュをカウントしました。ラジャアンパットのクリ島の記録を軽く抜いています。まだ潜って事はありません。
    固有種のガーデンイール、Heteroconger Mercyae(Mercy's Garden eel)が、5から10メートルの狭い砂地に単独もしくは小さなグループで棲息しているそうです。


  3. Luar Mommon (ルアールモモン)

    こちらも珊瑚礁のきれいなポイントです。
    アケボノハゼがたくさんいました。
    赤いデニスピグミーシーホースも見ることができます。
    画像
    画像


  4. Tanjung Mommon(タンジュンモモン)

    画像
    マクロポイントです。前回のダイビングでは、ゴーストパイプフィッシュ、カニハゼ、かわいいウミウシなどがいました。


  5. Angat Reef (Mommon) (アンガットリーフ(モモン))

    シーマウントで、群れのポイントになります。特大のカスミアジ、ロウニンアジ、バラクーダー、ヨコシマサワラ、ネムリブカなどが見れれました。


ピサンアイランドのポイント


画像


  1. The Dome (ザ ドーム)

    画像
    シーマウントのポイントです。大きなヤイトハタやバラクーダーの群れが見られました。
    マンタが見られることもあるようです。


  2. T-bone reef(T-ボーン リーフ)

    画像
    まだ潜ったことはありませんが、珊瑚のきれいなポイントのようです。


  3. The lignt House(ザ ライトハウス)

    画像
    ウォールとオーバーハングのポイントです。
    大きなジャイアントスイートリップが群れています。ケープの中にはさらに特大の魚が潜んでいます。
    ハダカオコゼなどの小物も楽しめます。


  4. Tanjung Timur Laut(タンジュンチムールラウ)

    こちらもソフトコーラルがきれいなポイントです。固有種のJamal's Dottyback を見つけることができました。
    画像画像


カイマナエリアのナイトダイビングもお勧めです。
タイガーシュリンプやバンブルビーシュリンプなども見つけることができました。
トリトンベイウォーキングシャークも夜行性ですので、ナイトで探すことになります。
様々なカニ、タコ、イカ、ウミウシも現れてきます。
画像画像画像
画像画像画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トリトンベイ/カイマナエリアのダイビングポイント ラジャアンパット田舎暮らし☆インドネシア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる