ラジャアンパット田舎暮らし☆インドネシア

アクセスカウンタ

zoom RSS バーズヘッドの観光

<<   作成日時 : 2012/01/06 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

バーズヘッド地域は、極楽鳥をはじめ、様々な鳥が豊かに棲息している地域です。また、カメの産卵を見るポイント、ジンベイザメスイムができるポイントもあります。

緑の大自然や蛍の群生、滝や石灰石の美しい風景が楽しめます。また、壁に描かれた古代人の壁画(ロックアート)や、古代人の埋葬地など、人類の足跡をたどることもできます。

こちらのページでは、ラジャアンパットを除く、バーズヘッド地域の観光をまとめてみたいと思います。
ラジャアンパットの観光」はこちらへ

画像


バーディング


画像
インドネシア、パプア地域は鳥の楽園です。地域によって異なった固有種が見られます。
バーズヘッド地域の頭の部分にあたる、ボゲルコップ半島(Vogelkop Peninsula)のアルファック山( Arfak Mountains)には、9種以上の鳥の固有種がいるようです。
マヌクワリから山を登り、鳥を見に行くツアーがあります。
ツアーでは、固有種の鳥 Vogelkop Bowerbird を見に行きます。この鳥は、メスに求愛するためオスは大きな屋根の巣を作り、その巣の周りや中をカラフルな花や実で飾りつけます。
また、極楽鳥の一種の Western Parotia や、求愛ダンスの踊りが見事な Magnificent Bird of Paradise (キンミノフウチョウ)なども見られるようです。
山に入れば鳥だけではなく、木登りカンガルーなど、めずらしい動物、蝶や昆虫などに出会えるかもしれません。


ツアーは、パプアエクスペディション(Papua Expeditions)や、パプアバードクラブ(Papua Bird Club)などが行っています。

マヌクワリのバーディングのツアーは、まだ参加したことがありませんが、ラジャアンパットのアカミノフウチョウのツアーに参加したことがあります。同じようなツアーになると思いますので、参考にしてください。
アカミノフウチョウのバーディング」へ

カメの産卵


画像
タイマイ、アオガメなどの産卵地だけでなく、バーズヘッドには、最も大きいカメ、オサガメの産卵地があります。
産卵地はソロンとマヌクワリのちょうど中間ぐらいにある広大なビーチにあります。200kg以上ある大きなカメですので、とても見ごたえがあります。
産卵時期は6月から9月ごろになります。夜ビーチに待機して、カメの来るのをじっくり待ちます。かなり高い確率で見ることができます。
多い時は、十数匹もの、亀の姿を見ることができるようです。

一方で、産卵地に行くのには、ソロンで船をチャーターする必要があります。また亀の産卵地近くには宿泊所はありませんので、ビーチで野宿か、船に泊まることになります。

オサガメの産卵についてはすでにラジャアンパットの観光で取り上げました。同じポイントになります。
ラジャアンパットの観光」へ

ダイビングツアーでカメを見に行ったことがあります。
G.K.RAEダイビングとオサガメツアー」へ

ジンベイザメスイム


ナビレから西に2時間ほど行ったところに、ジンベイザメが集まるポイントがあります。ジンベイザメはバガンと呼ばれる小魚を捕る船の下に、おこぼれの魚を食べるために集まって来ます。
シュノーケリングで、じっくり見ることができます。半日ぐらい同じ場所に留まっていることもありますので、楽に見ることができます。
バガンの上に乗って、小魚をあげることもできます。大きな口を開けて近寄ってくる巨大なサメは、迫力満点です。
画像画像


ナビレから東に1時間ほどのところに、アヘダイブリゾートがあります。こちらからジンベイスイムツアーが可能です。
またナビレで船をチャーターして、ジンベイザメスイムをすることもできるようです。

ダイビングクルーズでジンベイザメを見に行った時のブログです。
チェンドラワシベイ‐ジンベイザメとバガン」へ

ロックアートや滝、石灰石の風景


画像
ロックアートはパプア地域の各地にあります。
チェンドラワシベイのロックアートはマヌクワリから南に下がったところにある Purup(プルップ)島の近くにあります。
最も有名なロックアートはカイマナにあります。カイマナ南東にあるNamatote島と本島の間の海峡の、本島側の壁に描かれています。


滝は、あまり大きくはありませんが、海に直接流れる滝として、Mommon にある滝が有名です。
トリトンベイのラグーンもきれいなところです。
画像画像


これらの観光は、ダイビングクルーズで行われている場合が多く、ダイビングクルーズに「ノンダイバー」(ダイビングをしないゲスト)として乗船するのが、最も簡単に行く方法になります。

バーズヘッドへのアクセス、宿泊施設の情報は、「バーズヘッド概要」を参照してください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バーズヘッドの観光 ラジャアンパット田舎暮らし☆インドネシア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる