ラジャアンパット田舎暮らし☆インドネシア

アクセスカウンタ

zoom RSS Waisai (ワイサイ)情報

<<   作成日時 : 2011/10/06 11:46   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013年11月更新

ワイサイは、ソロン県から分離しラジャアンパット県になった際に、森林を開拓して新たに作られたラジャアンパットの首都です。
ラジャアンパットの地図

2003年から開拓を始め、2009年ごろからラジャアンパットの首都機能をソロンからワイサイに移し始めました。

画像


  1. ソロン‐ワイサイ間の船


    ワイサイ行きの船はソロンのフェリー乗り場から乗船します。船は何種類かあるようですが、「Marina Express(マリナエクスプレス)」「Express Bahari(エクスプレスバハリ) 88」などの高速艇がお勧めです。
    高速艇は、2艇〜3艇の船を使って、毎日午後2時(土曜日の「ワイサイ‐ソロン」のみ11時)にソロン港とワイサイ港からそれぞれ出港します。所要時間は1時間半から2時間です。
    高速艇の出発時刻はワイサイの行事等により変更されることがありますので、事前の確認が必要です。
    特別なイベントがない限り、港に行けば船に乗れます。満員になることもあるようですので、1時間前には港に行くことをお勧めします。

    画像画像

    高速艇は座席指定になっています。料金は、片道13万ルピア(約1200円)になります。ソファ席のVIP席は17万ルピアになりますが、一般席で十分です。船内は冷房がきいています。
    画像画像

  2. ワイサイの港と空港


    港はきれいに整備さつつあります。大型の船も泊まれるようになっています。

    ワイサイ空港は2013年オープンしたようです。現在はマルパティエアーが小型のプロペラ機を「ソロン」‐「ワイサイ」間で運航しているようです。
    2014年からエクスプレスエアーが、「メナド(Manado)‐ワイサイ」間の運行を始める話もあるようです。
    画像画像

  3. ワイサイの交通


    タクシーもあるようですが、ほとんど走っているのを見ません。町内の移動手段はチャーターした車か、バイクタクシーのオジェクになります。
    オジェクは近距離でも2万ルピアほどするようです。ソロンに比べてもかなり高いです。乗る前の値段確認が必要です。


  4. ワイサイの宿泊施設とダイビング施設

    宿泊施設は次々に建てられています。今完成している主なものを紹介します。
    1. Acropora cottage(アクロポラコテージ)
      画像画像

      各コテージには2部屋あります。料金は1棟ごとに、1泊60万ルピアになります。一人で使用しても、大勢で使用しても同じ値段ですので、単身旅行者には割高になってしまいます。4人ほどで宿泊すればかなり安くなります。
      レストランも敷地内にあります。食事はとてもおいしいそうです。
      ダイビングや船のチャーターもアレンジしてくれます。
        予約はマネージャーの Romy(ロミー)さんが担当します。
        acropora.biz@gmail.com
        +62-81248852777

    2. King Dolphin Cottages
      Acroppora cottageの隣に作られています。エアコンがあるコテージが75万ルピア、エアコンのないコテージが55万ルピアとなています。
      画像

    3. Penginapan Marcy
      「Penginapan」はインドネシア語で「宿泊施設、ホテル」の意味になります。
      レストラン、インターネット、お店も敷地内にありますので、とても便利です。1泊35万ルピアです。
      画像画像

    4. Penginapan Najawa Indah
      こちらもインターネットが可能です。
      画像

    5. Maras Risen Hotel
      画像
      1泊朝食込み、35万ルピアです。昼食、夕食はホテルで食べることができませんので、外食になります。
        ホテルの電話番号:085244151010


    6. Penginapan Novalin
      海岸の道路沿いにあります。冷房がないということで、25万から30万ルピアで泊まれるようです。
      画像

    7. Waiwo Dive Resort(ワイウォダイブリゾート)
      画像画像

      ワイサイの隣、ワイウォ(Waiwo)にあります。ワイサイからは陸路でも行けますが、港までボートで迎えにきてくれますので、ボートでの移動がより簡単です。
      1泊3食付きで45ユーロ(ルピア払いの場合は45万ルピア)になります。ビーチ沿いのリゾートです。周りは森に囲まれ鳥もたくさんいます。
      ダイビングの料金は、1本35ユーロ(ルピアの場合35万ルピア)になります。単身で滞在、短期間滞在も可能で、最も安くダイビングができる施設です。

  5. ワイサイの町


    各省庁は1か所にまとめたそうです。
    画像画像

    市場、店なども整いつつあります。スーパーはまだできそうにありません。銀行もまだ「Bank Papua」があるだけです。
    画像画像画像

    道路は官庁街に行くメインの道は舗装されていますが、その他の道はまだ舗装されていません。
    ワイウォやマヤリビットの村に行く道も作られていますが、坂が急なため、バイクでは難しく、車を使う必要があります。


  6. ワイサイのレストラン


    こぎれいなレストランもでき始めているようです。また海岸の高台に海を見ながら食事ができるレストランを建設中です。
    画像画像

  7. ワイサイの観光


    海岸沿いのビーチに公園を作っています。公園内にはお土産屋やレストランを建設中です。
    画像画像



ワイサイは、ますます観光に力を入れていくようです。
ワイサイ(ワイウォを含めた)の施設を利用することにより、より安くダイビングすることも可能です。一方で、まだまだ町自体が建設途中でもあります。各施設、経営、運営がまだ安定していない一面もあります。

2014年6月には「Sail Raja Ampat2014」が開催されます。その準備もあり、急ピッチでインフラ整備が行われているようです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Waisai (ワイサイ)情報 ラジャアンパット田舎暮らし☆インドネシア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる