ラジャアンパット田舎暮らし☆インドネシア

アクセスカウンタ

zoom RSS ラジャアンパットのリゾート情報-2-

<<   作成日時 : 2011/07/23 10:02   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013年11月修正


ラジャアンパットの地図へ

RAJA 4 DIVERS
(ラジャアンパットダイバーズ)


画像

パプアダイビングで働いていたスイス人のマヤ氏がオーナーです。
カブイ海峡西側、ラグーンのきれいなPEF島に作られました。2011年6月にオープンしました。

画像画像

コテージは一棟ずつ海沿いに建てられています。凝った彫刻で、家具や建物が飾られています。落ち着いた雰囲気のコテージです。

部屋はとても広く、二人用ですが、最大4人まで使うことができます。
シャワールームも広く、裏庭のようになっています。シャワーのノズルが壊れやすいということで、手桶で浴びるスタイルにしたそうですが、お湯も出るようになっています。
料理は西洋風インドネシア料理を出すそうです。
画像画像


森林を散策する散歩道も作られています。
またラグーン側にも桟橋があります。カヤックでの散策もできるようになっています。古代人のフィンガープリントなどがありますので、カヤックに乗りながら、じっくり探すのも面白そうですね。
画像画像

リゾートまでの送迎はソロンからは土曜日、リゾートからは金曜日になっています。
往復の送迎料として150ユーロ(2013年現在)別途支払うようです。
上記以外の送迎は、1150ユーロ/艇の追加料金がかかります。

ダイビングは、リゾート近くにもいいポイントはありますが、クリ島、ファム島までのポイントも燃料チャージなしで行けるようです。
携帯電波はまだ弱いようですが、WIFIはフリーで使えます。さらにナイトロックスチャージ、ランドリーサービスも無料になっています。

Raja 4 Divers ダイビング記へ
(ダイビング記の情報は現在とは異なっている場合があります)


PAPUA EXPLORERS DIVE RESORT
(パプア エクスプローラーズ ダイブリゾート)


画像
ガム島にある Yenwaupnor(Yenwauwpnor)村の隣りに作られたリゾートです。オーナーはトルコ人です。リゾートには、まだ行ったことはありません。
海に面して、こぎれいなコテージが並んでいます。コテージ内にトイレ、シャワーがあり、お湯シャワーもあるようです。写真はホームページからのコピーです。

画像

ソロンまでの送迎は日曜日(一部、水曜日もと、書いてある文もありますが・・・)になるようです。
Yenwaupnor村は、紅フウチョウを見ることができる村です。バードウォチングも手軽にできそうですね。
画像画像


WAI ECO RESORT
(ワイ エコ リゾート)


画像
マンソワール島とバタンタ島の間にある小さな島、Wai(ワイ)島に作られたリゾートです。
イタリア人プロカメラマンの Martiと Mianoが手助けして、パプアダイビングの元ベテランガイド、ニクソンが作ったリゾートです。

画像

ウェブページはまだイタリア語しかありません。
画像画像





ワイサイ(Waisai)を起点にしているリゾート・ホテル

リゾート、ホテル、各村へのアクセスは、ソロンから運行されている定期船に乗って、ワイサイ(Waisai)に行く必要があります。定期船は毎日運行されていますので、1泊の滞在から可能になります。
ワイサイから少し離れた地域のリゾート、コテージへは、各施設の船の送迎があります。

RAJA AMPAT BIODIVERSITY ECO RESORT
(ラジャアンパットバイオダイバーシティエコリゾート)


画像
ガム島東側に位置します。オーナーはスペイン人の Reynald と Patricia です。ワイサイを送迎の拠点にしているリゾートのなかでは、唯一、西洋人オーナーが経営しています。

リゾートはリーズナブルにダイビングをしたい人向けに作られているため、施設は簡素なものになっています。
スタンダードコテージが2棟とバジェットコテージが1棟2部屋、マックス8名のゲストのこじんまりとしたリゾートです。どちらのコテージも、トイレ・シャワーは共同で、一つずつあります。
画像画像画像

送迎をワイサイにし、リゾートをシンプルにすることでコストを抑えていますので、他のリゾートに比べ料金設定が安くなっています。
パッケージは4泊3日(初日と最終日は移動のみのため、3日と表示)から用意されています。曜日にとらわれることもなく、ショートステイもロングステイも可能になります。
一方で、4泊より短い滞在の場合、またダイビングをしない滞在(ショートステイ)の場合は、ワイサイまでの送迎コストがかかる場合があります。

ダイビングに関しての設備はしっかりしていて、信頼できます。ナイトロックスはまだありません。
器材のレンタルも可能です。
画像画像

リゾートから歩いて極楽鳥の1種、紅フウチョウを見に行くことも可能です。案内に別途料金がかかります。
リゾートにはWIFIがありませんが、携帯電波は入ります。メールのレスは少し遅くなりますが、必ず返してくれます。SMSショートメッセージでコンタクトをとるほうが早いようです。



WAIWO DIVE RESORT
(ワイウォダイブリゾート)


画像
インドネシア政府水産局が作ったリゾートです。首都ワイサイのすぐ隣 Waiwo(ワイウォ)という場所にあります。
2010年末に、マネージャーが交代し、リゾート名も「 Raja Ampat Dive Resort」から「Waiwo Dive Resort」に変更されました。
2011年10月現在、宿泊は1泊3食付きで、45ユーロ(ルピア払いの場合は45万ルピア)、ダイビングは1回35ユーロ(ルピア払いの場合は35万ルピア)になります。コテージは一人で使っても追加料金はなく、またダイビングも1本ごとの料金ですので、単身ダイバーの方、のんびりとダイビングをされたい方に向いていると思います。
2013年3月現在のマネージャーは、Ms.Tika (+62 87781125022)さんになります。
画像画像


RAJA AMPAT DIVE RESORT
(ラジャアンパットダイブリゾート)


画像
「Waiwo Dive Resort」の前身「Raja Ampat Dive Resort」の元マネージャー AGUS(アグス)さんが、再びSaporkren 村に同じ名前のリゾートを作りました。
リゾートは、ワイサイから10kmほど東に位置します。まだ行ったことはありません。
  • Agus Susanto
    asusanto23@yahoo.com
    +6281248442284

  • Andy Chandrawinata
    namarmis@gmail.com
    +62811828810

  • Arif Hamid
    arif.hoga@gmail.com
    +6285244098183

画像


RAJA AMPAT DOBERAI ECO RESORT
(ラジャアンパットドベライエコリゾート)


画像
パッセージに向かう湾の、入口近くにあるリゾートです。ワイサイからは15kmほど離れています。
見に行ったことはありません。
経営者の把握もまだです。

画像画像


首都Waisai(ワイサイ)で、ダイビングができる施設
  1. Acropora Cottage&Restaurant

    1棟のコテージには2部屋あります。料金は棟ごとの値段になっており、1泊60万ルピアです。一人で使用しても、大勢で使用しても同じ値段ですので、単身旅行者には割高になってしまいます。食事はとてもおいしいそうです。マネージャのロミー(Romy)さんが、コテージの予約から、ダイビングのアレンジもしてくれます。
      romy_negare@yahoo.co.id
      085237873422

      オフィシャルなアクセスは
      acropora.biz@gmail.com
      +62-81248852777

    画像画像

  2. ワイサイには、その他ダイビングができるコテージは、建設中のものも含めいくつかあるようですが、まだ把握していません。


村人の経営するホームスティ
画像Arborek、Mangkur kodon、Yenwauwpnor、Sawingraiなどの村々でも地元政府の援助を受けてコテージを作りました。ワイサイからの送迎になります。
タンクをワイサイから借りて、セルフダイビングをすることも可能なようです。
右の写真はアルボレックのコテージです。
最近、ホームスティが急増しているそうです。中には信頼できないホームスティも少なくはありません。利用する場合は、しっかりとした情報を得て選ぶ必要があるようです。


☆ワイサイのホテル、ワイサイを拠点にしたリゾート(Raja Ampat Biodibersity Eco Resortを除く)や村のホームスティのダイビング情報は、刻々と変化していきます。ダイビングが安くできる一方で、運営にはまだまだ不安定な施設もあります。お時間がない方や、インドネシアを熟知していない方にはお勧めしません。




ラジャアンパットのリゾートは、現在も多くの申請が出されているそうです。
今後も次々と新たなリゾートがオープンしていくようです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラジャアンパットのリゾート情報-2- ラジャアンパット田舎暮らし☆インドネシア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる