ラジャアンパット田舎暮らし☆インドネシア

アクセスカウンタ

zoom RSS チェンドラワシ ベイ (Cendrawasih bay)

<<   作成日時 : 2011/05/05 11:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011年の7,8月は、いよいよ各クルーズ船が、本格的にチェンドラワシ ベイ (Cendrawasih bay) のクルーズを開始します。

画像

拠点となるのは、Manokwari(マヌクワリ)、Biak(ビアク)、Nabire(ナビレ)の港となります。
チェンドラワシベイでクルーズを行う予定の船




ダイビングの主たる目的は Whale shark 「ジンベイザメ」です。
コンサベーションインターナショナルのIiさんが調査のため、2011年5月上旬チェンドラワシベイに行って撮った写真です。
画像画像

画像画像


また、2011年4月には、National Geographic により、モンツキテンジクザメ(Hemiscylliom galei)が珍種として紹介された場所でもあります。
画像

上の写真を見る限りでは、下の写真、ラジャエポレットシャーク(Hemiscylliom freycineti)との違いがはっきり見られませんが・・・
画像

Dr.AllenとDr.Erdomannは、はっきりと違う種だと語っています。

そのほかにも、dottyback(メギス)、gardeneel(チンアナゴの種)などを含め、いくつかの新種が見つかっています。

さらに、マヌクワリ近くは、第2次世界大戦時の日本船の、レックダイビングができるところでもあります。



レックダイビングはさておき、ジンベイザメは是非とも見たいところです。
さてすぐにでも参加したいところですが、やはりクルーズ料金は格別に高く・・・
ジンベイザメ以外の魚の群れは、ラジャのようにはいかないようです。

バンダも、トリトンベイも、アンボンも未だ行っていません。
そちらを優先するとなると、私にとって、チェンドラワシベイクルーズはまだまだ遠い存在ですね・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
管理人様
写真のジンベイベイは立ち食い(?)状態ですかね。
私は沖縄の定置網で飼育されているジンベイしか見たことがありません。
クルーズはGrandkomododでと決めましたが、中1の夏休み前程度の英語力ではさてどのクルーズにしたら良いのらや頭が痛いです。予算的にいっきにアンボンへ行けてしまえばいいかと思いましたが、確実性という事でマルクは下船後となると、さて、辿りつけるのかと...。
ケロケロ軍曹
2011/05/06 19:30
空港までの送り迎えは各リゾート、クルーズ船がしてくれます。国内線のアレンジもしてくれますし、なんとかたどりつけると思いますよ。いずれにしても移動しやすいコース選びが必要ですね。
ソロン発の長期クルーズも次の記事でまとめてみました。
kako
2011/05/07 12:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
チェンドラワシ ベイ (Cendrawasih bay) ラジャアンパット田舎暮らし☆インドネシア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる