ラジャアンパット田舎暮らし☆インドネシア

アクセスカウンタ

zoom RSS ラジャアンパットの本が発売されました

<<   作成日時 : 2010/03/09 14:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

ブログを更新(修正)しました。
半年に一度しか更新しないブログ。なかなか皆様に読まれるチャンスもないかと思われますが、地道に進めようと思っています。

クルーズ船は大幅に増えています。詳しくはそれぞれのホームページで確認できるようリンクしてあります。
今後さらに増える話も聞いています。
「ラジャアンパットのLiveaboard情報」へ

現在運営されているリゾートも5つになりました。さらに新たに作られる計画があります。
「ラジャアンパットのダイビングリゾート情報」へ

ダイビングポイントはバタンタ地域の情報を加えたため、ページ内に収まりきれず、三部に分けました。
近年バタンタ地域に北スラベシ、レンベのようなポイントが見つかっています。黒砂、泥地にミミックオクトプス、ワンダープスオクトプス、ゴーストパイプフィッシュ、ウミウシ、ピクチャードラゴネット、など奇妙な生き物が見られるようです。
バタンタ情報は「ラジャアンパットのダイビング情報U」

昨年はラジャアンパットダイビングのガイドブックも発行され、この不況中にも係わらず世界中からダイバーが集結してきています。
本の題名は「Diving Indonesia's Raja Ampat」 著者 Burt Jones & Maurine Shimlock 
ダイビングポイントの説明が主になっています。GPSでポイントの場所が示されていますので新に参入してくるクルーズ船にとっては便利な本になると思います。
観光ポイントも簡単ですが書かれています。まだ行ったことのない鍾乳石、壁画の場所もGPS付きで載っています。是非行ってみたいものです。本はソロンではもちろんバリでも買うことが出来るようです。
画像


「ラジャアンパットの海」のページで以前、記載していました珊瑚、魚の種類の数はリゾートやクルーズ船のホームページから抜粋していました。これらの数値の中にはラジャアンパットエリアよりさらに拡大したバードヘッドエリアの数値を使っていたものもありましたので、ガイドブックの数値に修正しました。

現在のラジャアンパットの魚の種類は1320種、ハードコラルの数は541種までカウントされています。また一度のダイビングでカウントされた最大の魚の種類の数は、少し前まではクリ島の283種でしたが、今はコフィアウ島でそれを上回る284種がカウントされたそうです。これらの数値は今現在調査が継続中ですのでますます増えてくるものと考えています。

ラジャのポイント名はなかなか統一されていなかったのですが、このガイドブックに沿って統一されてくるかもしれません。

11月ごろよりソロンの港はクルーズ船でごった返してきます。続々とコモド、レンベから船が集まり、新しい船も次から次にと作られ、集まってきます。ちょっと多すぎるようですね。
これだけ増えたのですから、もう少し割安のダイビングはできないものかとも思うのですが、現実はなかなか難しい…

さて日本人の方には耳寄りな情報
サウザンスタークルーズ(SSC)が今後もラジャアンパットで日本人ダイバー向けのツアーを組んでくれるようです。
現在検討中の計画に、7月の「オサガメツアー」、11月の「ラジャアンパットのダイビングツアー」があるようです。
画像
2010年2月、SSCのラジャアンパットダイビングツアーにチャーターされたシーサファリです。


ソロンの町のネット環境も次第によくなりました。現在生活しているラジャの島は、相変わらずネットは無理ですが…
今度は1ヶ月に一度ぐらいはアップできれば・・・と思っているところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラジャアンパットの本が発売されました ラジャアンパット田舎暮らし☆インドネシア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる