ラジャアンパット田舎暮らし☆インドネシア

アクセスカウンタ

zoom RSS ラジャアンパットのLIVEABOARD情報-1-

<<   作成日時 : 2008/03/30 18:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2013年8月修正

Raja Ampat (ラジャアンパット)のダイビングクルーズは、基本的にソロン発着になります。
ラジャアンパットを Liveaboard (クルーズ船)で一周するためには少なくとも10日以上のクルーズが必要です。特に、代表的なラジャアンパット内のポイントをすべて潜るためには、2週間以上必要です。
とはいえ、2週間以上のクルーズコースを作る船はほとんどなく、10日〜12日のクルーズが一般的です。
それらのクルーズは、@最も代表的なポイントだけ潜りながらラジャアンパットを一周するコース、Aマンソワール周辺とカウェ、ワヤッグ島など北側のエリアを集中して潜るコース、Bマンソワール周辺と南側ミソールのエリアを集中して潜るコースなどがあります。さらに短期コースの場合は、Cマンソワール周辺のみ(主に日本人向けクルーズ)を潜るクルーズもあります。

一方クルーズコースよっては、ソロンから他の地域へ向かうコース(またはその逆)もあります。詳しくは「長距離クルーズin Indonesia 」

現在では、多くの船が、キャビンにトイレ・お湯シャワーがあり、Nitroxが使えるようになっています。一方、料金設定の安い船は、まだそれら設備がない船もあります。

年間を通してラジャアンパットに滞在しているLiveaboard(クルーズ船)もありますが、ほとんどのクルーズ船がシーズンインと言われている(11月から3月)にだけラジャアンパットを潜り、その他の時期はコモドなどへ移動する船になります。

クルーズ船の予約はウェブページから、メールで予約できるようになっています。
また、基本的に各クルーズ船が、インドネシアの国内線手配をしてくれます。

ラジャアンパットの地図へ



  • Pindito(ピンディト)

    画像
    クルーズ船として、最も早くラジャアンパットでダイビングを始めた船です。2001年ごろからラジャアンパットに来ています。
    オーナーはスイス人のエディ氏です。

  • SMY Ondina(オンディナ)

    画像
    Ondinaも2001年からラジャアンパットに来ています。オーナーはスペイン人のリカルド氏らです。
    デッキにのみ、お湯シャワーがあります。

  • Shakti(シャクティ)

    画像
    オーナーはイギリス人のデイビット(David)氏です。
    2002年の後半から年間を通してラジャアンパットでクルーズをしています。シャワー、トイレはキャビン内には無く、お湯シャワーもありません。一方 Nitrox はあります。

  • Grand Komodo(グランドコモド)

    グランドコモドは、Komodo、 Alor クルーズのパイオニアです。ラジャアンパットでは、2004年から年間を通してクルーズを行っています。オーナーはバリ人です。マンソワールには「Raja Ampat Dive Lodge」というリゾートもあります。
    3隻の船が使われています。部屋が狭く、お湯シャワーのない船もありますが、機能的に作られているので使い勝手がよいです。
    Nitrox はありません。
    1. Raja Ampat Explore(ラジャアンパットエクスプローラー)
      画像グランドコモドの中では、一番いい船です。部屋もグランドコモドの船の中では広めに作られ、お湯シャワーもあります。


    2. Temukira (テムキラ)
      画像
      船底のキャビンは2段ベットになっている部屋があり、やや狭めです。デッキにのみお湯シャワーがあります。

    3. Putri Papua(プトゥリ パプア)
      画像
      マックス8人の小さい船ですが、安定した船です。
      船底にある2つのキャビンは狭いので、シェアーする場合はちょっと大変かもしれません。
      ディンギは1艇です。またデッキにのみお湯シャワーがあります。

  • Kararu(カラル)

    画像
    Kararuも2005年にはラジャアンパットでクルーズをしています。現在は、Kararu の船は使わず、Aurora、The Cheng Ho、Sea Safariなどをチャーターしてクルーズを行っています。ウェブが更新されていないようです。

  • Seven Seas Liveaboard(セブンシーリバボード)

    画像
    2006年ごろからラジャアンパットに入ってきました。近年はあまりラジャアンパットには来ていません。

  • The SMY Seahorse(シーホース)

    画像
    2006年ごろからラジャアンパットに入ってきました。

  • Bidadari(ビダダリ)

    画像
    ウェブページは変更されたようです。近年はラジャアンパットでは見かけていません。

  • Silolona(シロロナ)

    画像
    チャーター専用のようです。

  • Dive Dream Indonesia (ダイブドリームインドネシア)

    画像
    2009年3月よりラジャアンパットクルーズを行っていた唐沢氏が、サザンスターより独立して立ち上げた会社です。
    船はチャーターして、コモド、ラジャアンパットを中心に、さらにアンボン、チェンドラワシベイなどでもクルーズを行うようです。
    使用する船は、今まで通り Sea safari、Cheng ho などが主なようです。

  • Sea safari(シーサファリ)

    画像
    船は4艇以上あるようです。ラジャアンパットにはSea safari 8、6が来ています。独自のスケジュールもあるようですが、主にチャーター船として、KararuやDive Dream Indonesia が使っています。

  • Dewi Nusantara(デウィヌサンタラ)

    画像
    以前は、Dancer fleet (ダンサーフリート)の船として、Paradice dancer(パラダイスダンサー)という名前で航行していました。
    現在は元々の船名「 Dewe Nusanntara」という名前が使われています。帆船の中では最大級の船です。

  • Ocean Rover(オーシャン ローバー)

    画像


  • Indis Trader W(インディス トレーダー)

    画像
    チャーター専用でしたが、こちらもウェブページが変更されたようです。

  • Tambora(タンボラ)

    画像
    オーナーはドイツ人のウベ(UWE)氏です。インドネシア中を長距離クルーズしています。ビールも含め飲み物は飲み放題です。
    マックスは14名(1室はガイドが使用中のため)と少ないわりには、船が大きくゆったりできます。テンダーボートも大きなり、さらに使いやすくなりました。

  • Arenui(アレヌイ)

    画像
    船はかなり豪華なようです。知人のアメリカ人が最も気に入った船です。
    マルクダビングでガイドをしていたトビーさんと、コモドアドベンチャー(現在は運行していない船です)で研究者と初期のラジャを潜っていたアリさんが、インドネシア人ガイドとして乗船しています。

  • Damai(ダマイ)T/U

    ダマイTは、4部屋のみ、マックス8人しか受け入れないそうです。船底のキャビンは一部屋にダブルベットが二つ置いてあり、バスタブまであります。それでも一部屋の定員は2名のみだそうです。2Fのキャビンはプライベートデッキがあります。
    お酒は飲み放題。希望のお酒も用意するそうです。インドネシア人ガイドはグランドコモドで働いていたパイオニアガイド、アントンが乗っています。
    ダマイUはまだ見せてもらっていませんが、こちらも豪華な船のようです。
    画像画像

  • Putiraja(プティラジャ)

    画像
    チャーター専用です。

  • Aurora(オーロラ)

    画像
    Kararuがチャーターして使用していましたが、現在はオーロラのウェブから申し込みができます。

  • Wallacea dive cruise(ワラシアダイブクルーズ)

    オーナーはフランス人のジェローム氏。2002年からスラベシのトギアン、バンガイ、レンベなどを潜っていましたが、2009年よりラジャにも来るようになりました。船はPaisabatu とAmbai の2隻あります。
    Paisabatu Uは、小さめの船です。冷房、お湯シャワー、NITROXはありません。そのため料金も安めの設定になっています。ダイビングボートが別に並走しています。
    MV Ambai は2012年からクルーズを始めました。揺れも少なく、ゆったりとした船です。
    キャビンのシャワー室とトイレに仕切りがありますので、ぬれずに使えます。お湯シャワーの湯量は豊富で、こちらも快適に使えます。Ambai には、NITROXもあります。
    画像画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラジャアンパットのLIVEABOARD情報-1- ラジャアンパット田舎暮らし☆インドネシア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる